強姦・強制性交事件に強い弁護士

強姦事件で執行猶予にしてほしい

強姦事件の刑事裁判で、執行猶予つき判決を得るために大切なことは何でしょうか?

強姦 執行猶予とは

意味強姦の有罪判決を言い渡されたが、一定の期間の間他の刑事事件を犯さなければ、言い渡された刑に処せられない制度
趣旨実刑、特に刑務所収監の実害を回避し、犯罪者の社会内更生を図る
要件情状が良いこと

強姦事件の執行猶予を得るために大切なことは、裁判の場で十分な立証活動を行い、被告人に有利な情状を理解してもらうことです。

情状は、一般に、事件の手段や内容に関する犯情と、被告人の属性やその周辺の環境に関する一般情状に分けられます。

犯情が比較的軽いと理解してもらうためには、強姦の手段としての暴行等の態様が比較的軽微なことや、共犯者間での位置づけが相対的に低いこと等を立証していく必要があります。

一般情状が良いと理解してもらうためには、罪を認めて反省していることや、被害者に示談金や和解金を支払って示談が成立していること等を証拠で立証していくことが大切です。

強姦 執行猶予ガイド

犯情強姦行為の手段、態様、内容が比較的悪質でないことや、共犯者間での役割が低いことなどは、執行猶予を得るに当たって有利に働きます。
一般情状強姦行為と責任を認めて反省していることや、強姦の被害者と示談が成立していることなどは、執行猶予を得るに当たって有利に働きます。

よくある強姦の弁護士相談

酒に酔って職場の同僚とセックスをしてしまいました。先日、大き目のプロジェクトが終わり、職場の同僚たちと打ち上げをしました。一次会でみんな大量に飲み、二次会からはカラオケに行きました。カラオケの最中、女子職員がトイレに立ちました。その女性は近々別の職場へ異動してしまうことになっていましたが、以前から好きだったので、この機会にもっと会話を楽しんでおこうと思い、私も部屋の外に出ました。女性に声をかけて外に出て、近くのベンチで雑談をしました。話しているうちにいい雰囲気になってきて、抱き寄せても嫌がらなかったので、キスをしました。それから近くの茂みの脇へ行って、セックスをしました。

しかし、後日になって、その女性が「あの時は無理やりされた」といって、警察に被害届を出したのです。私は「合意があった」と言っていたのですが、逮捕されてしまいました。検察官の取り調べでも合意があったと主張したら、勾留され、起訴までされてしまいました。

職場の上司は「起訴された以上会社にはとどまれないが、執行猶予なら自己都合退職にできる」と言っているそうです。

よくある解決パターン

起訴後、自分なりに記憶をよく整理して思い出してみたら、必ずしも合意があったとは言い切れない状況だったと思うに至りました。そこで、「相手の言うような状況もあったかもしれない」と認めることにしました。

それに伴い、私選の弁護人の方が柔軟かつスピーディー<に動いてくれると思って、起訴後にアトムの弁護士に依頼しました。すると、すぐに相手の女性に連絡をとって示談交渉を始め、1回目の交渉の席で示談をまとめてくれました。その際には、相手の女性から、私のことを許すという言質も取ってくれました

示談が成立したおかげもあって、第1回期日後に保釈も認められ、外に出てくることができました。最終的に執行猶予が付き、会社を自己都合退職する形で面目を保つこともできたので、よかったです。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談