逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 強姦事件を弁護士に依頼するメリットは?

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

強姦事件を弁護士に依頼するメリットは?

岡野武志(弁護士、アトム法律事務所弁護士法人代表社員)

弁護士に依頼するメリットは

  • Q 強姦事件を弁護士に依頼するメリットは何ですか?

事件を円滑かつスムーズに解決できる点が、弁護士に依頼するメリットです。強姦事件は、その後の対応によって、加害者(容疑者)が受ける処分・処罰の内容が大きく異なります。初犯で刑務所送りになるケースがある一方で、再犯でも不起訴処分になるケースがあります。

平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、旧強姦罪(強制性交等罪)、強制わいせつ罪ともに非親告罪となりましたが、相手方と示談が成立して告訴が取り消されれば、事件は起訴されない可能性が高くなります。

本人ではなく弁護士が対応することで、示談が成立し、不起訴になるケースも多いです。相手方としても、加害者本人とは二度と会いたくないが、弁護士であれば会っても良いという人が多くいるからです。

  • Q 強姦事件で示談をするメリットは?

平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、旧強姦罪(強制性交等罪)、強制わいせつ罪ともに非親告罪となりましたが、相手方と示談が成立して告訴が取り消されれば、事件は不起訴になる可能性が高まります。

示談をするメリットは、この点が一番です。

また、示談が成立すれば、民事の賠償問題もすべて一度に解決します。後日、相手方から賠償金の支払いを求められることはありません。また、仮に求められたとしても、示談の成立を理由に支払いを拒否することができます。

不起訴を得るための示談は、事件が起訴される前までに締結する必要があります。一度事件が起訴されてしまうと、その後に示談が成立しても、起訴が取り消されるわけではありません。この点は注意が必要です。

また、逮捕・勾留されている強姦事件の場合は、法律上の厳格な時間制限があります。前科をつけないためには、一日でも早い段階で示談交渉に着手し、話し合いをまとめる必要があります。

強姦事件を、刑事事件的にも、民事事件的にも、一挙に解決したい場合は、早い段階で示談を締結するのが一番です。

  • Q 強姦事件で不起訴になるメリットは?

一番のメリットは前科がつかないという点です。強姦事件の前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。今までの職場に復帰できるケースもありますし、転職や就職活動でも心配無用です。

また、不起訴になれば、刑事裁判を受ける必要がないので、公開の法廷でご相談者の供述調書が読み上げられたりすることもありません。恥ずかしい思いをしなくても済むという意味で、大きなメリットといえます。

さらに、不起訴になると、一切の刑罰を受けないで済むので安心です。罰金を払う必要も、刑務所に行く必要もありません。不起訴になった後は、今までどおりの生活を取り戻すことが可能です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。旧強姦罪(強制性交等罪)は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高くなります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

強姦事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話下さい。家族が逮捕中の方は相談無料です。起訴前の示談成立で不起訴獲得を目指しましょう。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。旧強姦罪(強制性交等罪)は、平成29年7月13日の改正刑法施行にともない、非親告罪となりましたが、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、不起訴になる可能性が高くなります。不起訴になれば、刑罰は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)