強姦・強制性交事件に強い弁護士

強姦で会社解雇を避けたい

強姦トラブルで会社を解雇されずに済むためには、どうすればよいでしょうか?

強姦 トラブルの種類、パターン

パワハラ同僚女性と関係を持ち強姦トラブルに発展。
→ 行為時には合意があったものの、後から「無理やりだった」と主張されることも多い。
ナンパ崩れナンパ相手と関係を持ち強姦トラブルに発展。
→ 行為時には、お酒に酔っていて合意の存在が不明確・不確定なケースが多い。
強姦事件見知らぬ相手を強姦した。
→ 見知らぬ相手を路地裏や住居侵入の上で強姦するケース。いわゆる強姦事件。

パワハラの強姦トラブルや、ナンパ崩れの強姦トラブルの場合は、警察などが介入してくる前に、相手方と示談を締結することで、トラブルを穏便に解決できる可能性が高まります。

トラブルが穏便に解決すれば、会社に電話や連絡が行くことはまずありません。上司が今回の強姦トラブルを知ることもなく、また知ったとしても既に解決済みのため、会社を懲戒解雇されることは通常ありません。

強姦事件の場合であっても、起訴される前に相手方と示談が成立し、告訴が取り消されれば、事件が起訴されない可能性が高くなります。そのため、解雇を避けられる可能性が高まります。

強姦 解雇,懲戒免職されないためには?

起訴前示談を成立させ、告訴を取り消してもらう。
→ 告訴が取り消されれば、事件が起訴されることはありません
起訴後示談を成立させ、執行猶予判決を得る。
→ ただし、一度裁判が係属した以上、事件が無罪になることはありません。告訴の取り消しは、事件が起訴される前に限られます。

よくある強姦の弁護士相談

酔い潰れた職場の女性を介抱していたら、勢いでセックスをしてしまい、「無理矢理された」と言いがかりをつけられています。

先日、職場全体で取り組んでいたプロジェクトの打ち上げがありました。私は打ち上げの副幹事をしていました。かなり盛り上がり、ある女性職員はこちらが心配になるくらい飲んでいました。案の定その女性は酔い潰れて、私が介抱をすることになりました。外へ出て暗がりへ連れていき、背中をさすっていました。女性の胸が見えたのがきっかけでムラムラしてきてしまいました。そこで「してもいい?」と訊いてみたところ、女性は何も返事をしませんでした。「嫌ではないということかな」と思い、その場で女性を立たせて後ろから挿入しました。やはり女性は嫌がったり抵抗したりする素振りをしませんでした。

外でフィニッシュした後、女性をタクシーに乗せて見送りました。その際、女性は怒っている雰囲気はありませんでした。

しかし翌日から数日間、女性は仕事を休みました。私は女性と仲のいい女子職員に呼ばれ、「あの子があなたに無理やりされたって言ってるよ。まだ上司や警察には言ってないらしいけど…どうするの?」と伝えられたのです。警察はおろか、もし上司に伝わるだけでも、私は職場を追い出されてしまいます。何とか今の段階のうちに示談をして、大ごとにならないうちに解決してしまいたいです。

よくある解決パターン

アトムの弁護士に依頼したところ、私の代わりに女性との連絡をすべて引き受けてくれました。

女性とのやり取りの際には、下手に刺激しないよう細心の注意を払って言葉を選び、慎重に交渉を進めてくれました。おかげで弁護士は女性と直接会う約束を取りつけ、1回目の示談交渉の席で無事に示談をまとめてくれました。

示談の中では、女性が今回のことを上司や警察に通報しないこと、これに違反したら示談金を返還することを約束する条項を盛り込んでもらえました。他方で私も、職場を別の部署に異動することを約束しました。

その後、私は異動の希望を出して、別の部署に異動になり、同じ会社で仕事を続けることができています。無事に解決してよかったです。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談