強姦・強制性交事件に強い弁護士

風俗トラブル相手と示談したい

風俗店で起こした本番トラブルを示談で解決するには、どうすれば良いでしょうか?

風俗トラブルの示談

デメリットお金がかかる。
→ 示談金、弁護士費用など。
メリットトラブルを早期かつ確実に解決できる。
→ 刑事裁判になる可能性がない
→ 職場や家族にばれることが少ない
→ その後の脅迫や恐喝を防止できる。

デリバリーヘルスやホテルヘルスなどの風俗であっても、無理やり相手の女性コンパニオンを姦淫すれば、旧強姦罪(強制性交等罪)が成立します。

風俗店での本番トラブルは、無駄な争いを避け、穏便に解決したいのであれば、弁護士を立てて示談で解決するのが一番です。

示談が成立すれば、警察に通報されることはありません。刑事事件として立件される可能性も低くなり、スムーズなトラブル解決が期待できます。

風俗嬢との示談ガイド

謝罪相手方に対して謝罪をすること。
→ 謝罪文などを手渡して行うことが多い。
損害賠償トラブルに関する損害を賠償すること。
→ 慰謝料、迷惑料、謝罪金など。
示談トラブルに関する債権債務関係を清算すること。
→ 示談書を作成して、示談金を振り込む。
→ 将来の紛争の蒸し返しを防止する

よくある強姦の弁護士相談

先日、お気に入りのデリヘル嬢と本番行為をしてしまいました。それ以来、店や警察に通報するというプレッシャーをかけられ、お金やブランド品を貢がされています。

私には妻がいますが、デリヘルもよく利用しています。今回のデリヘル嬢はお気に入りの子で、これまで何度も指名していました。今回もその嬢を指名しました。

口や素股でしてもらっているうちに、「気心も知れてきたし、セックスできるんじゃないか」と思ってきました。そこで、嬢に「本番しよっか?」と言ってみました。すると嬢は、「本番はダメですよ?」と答えました。

しかし、そう言った時の嬢は笑顔で、甘えるような口調だったのです。「本当はOKなのだろう」と早合点して、気持ちが高ぶり、嬢とセックスをしてしまいました。行為の最中、嬢は特に抵抗しませんでしたし、嫌がる言葉や素振りは見せませんでした。その日、別れるまでの間も、怒った感じはありませんでした。

しかし、翌日になって、嬢から「昨日のことがショックで、いまだに気持ちに整理がつきません。店にも出られずにいます。今度お話ししましょう」というメールが来ました。実際に会ってみると、食事をおごらされ、高級バッグをねだられたのです。その後も何度もそういったことが続いています。

嬢からは、「店や警察に通報する」とはっきり言われたわけではありません。ですが、いい加減に嬢とのこんな関係は断ち切りたいと思っています。

よくある解決パターン

アトムに相談したところ、嬢との関係を切り出す方法、タイミングや話の持っていき方など、丁寧に教えてもらえました。そして、嬢との実際の交渉も弁護士がやってくれました。嬢を下手に刺激しないよう、細心の注意を払った言葉遣いや態度で交渉してくれました。その結果、示談は無事にまとまりました。

弁護士は示談書の中で、お互いに今後は接触しないこと、嬢が店や警察に通報したり被害届を出したりしないこと、それに違反したときは示談金を返還することといった条項を盛り込んでくれました。

おかげで、その後は二度と嬢から連絡が来ることはなく、風俗店や警察からも連絡を受けることはありません。元通りに過ごせるようになって、安心しています。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談