強姦・強制性交事件に強い弁護士

風俗トラブルの店と示談したい

風俗トラブルを起こした風俗店の店長と示談をするには、どうすればよいでしょうか?

強姦トラブルになりやすい風俗店

デリヘル風俗嬢・コンパニオンと自宅で本番行為。
→ 無理やり本番されたと被害を主張される。
ホテヘルホテルで風俗嬢・コンパニオンと本番行為。
→ 無理やり挿入されたと被害を主張される。
箱ヘル風俗店で風俗嬢・コンパニオンと本番行為。
→ 強引に本番されたと被害を申告される。

風俗店での本番行為(性交渉)は禁止されています。にもかかわらず、風俗嬢と本番行為をしてしまったというトラブルは多いです。

風俗店の側からしても、女の子から「客から無理やり挿入された。」と申告されれば、立場上、強姦を主張せざるを得ません。

風俗店の店長と示談をするには、弁護士を間に立てるのがベストです。脅迫や恐喝の被害を避けることができるなどのメリットがあるからです。

また、示談書作成のプロである弁護士が間に入れば、示談金を二重、三重に請求されるリスクを避けることができます

風俗店店長との示談ガイド

損害賠償トラブルで負わせた被害を賠償すること。
→ 損害金、迷惑料の支払いなど。
示談トラブルに関する債権債務関係を清算すること。
→ 今後は二度とお金を要求されない

強姦被害者と示談したい

代表弁護士からのワンポイント・アドバイス

アトム法律事務所弁護士法人グループ

アトム法律事務所弁護士紹介

代表弁護士の岡野です。アトム法律事務所では、これまで数多くの風俗トラブルの案件を取り扱ってきました。

風俗トラブルに関してよく寄せられる相談としては、

  • デリヘルで本番をしてしまい「強姦」と言われた
  • 中出しで関係がこじれて「レイプ」と言われた
  • 盗撮したことがバレて運転免許証を取られた

などがあります。

強面の店長から強い口調で言い寄られたら、誰だって怖いですよね。また、風俗店の場合は、裏で暴力団や反社会的勢力が関係しているのではないかと、不安になってしまうものだと思います。実際、トラブル後に風俗店の店員や店長から脅されて、運転免許証や現金を渡してしまったり、内容が不当な示談書にサインをしてしまったりするケースも多いです。

そのようなケースでも、私たちにご相談いただければ大丈夫です。

これまで数多くの風俗トラブルを扱ってきたため、風俗トラブルの弁護活動に関して、豊富な実績と経験があります。実際に受任して、弁護活動を行ったケースでは、9割以上のケースで無事に解決しています。

弁護活動によって風俗トラブルが解決するパターンとしては、

  • 風俗店との話し合いで示談を締結した
  • 不当な示談書を破棄し、支払いを拒否した
  • 店長と話し合って運転免許証を取り戻した

などがあります。

弁護士が介入すれば、仮に風俗店の背後に暴力団や反社会的勢力が関係していたとしても、交渉がスムーズです。また、お店と示談が成立した後に、警察にもその旨を報告し、刑事事件化することを阻止することができるため、民事の解決/刑事の解決という観点から、一石二鳥です。

風俗トラブルの解決は、スピードが大切です。

トラブルを放置して良いことはありません。まずは、数多くの風俗トラブルを解決してきた実績がある私たちまでご相談ください。日本全国の風俗トラブルに対応可能です。ご相談お待ちしております。

よくある強姦の弁護士相談

風俗嬢と本番行為をしてしまい、店から「警察に強姦で訴える」と言われています。

プロの女性のテクニックが好きで、風俗店によく通っています。性欲は強い方で、風俗店の普通のサービスでは物足りなさを感じるようになっていました。それでも風俗店には通い続け、一昨日も行きました。

一昨日サービスをしてくれた風俗嬢はとても可愛い顔立ちで、「こんな子とセックスできたらさぞかし気持ちいいだろうな」と思ったのです。そうして素股をしてもらっているうちに、本当にセックスしたくなってきてしまい、ついに欲望を抑えられなくなりました。

私は体位を変えて、嬢を下に組み敷いて肩を押さえ、挿入しました。嬢は「ちょっと、やめてよ」と嫌がっていましたが、構わずに腰を振り続けました。最後は外に出しました。

私が気持ちよさに浸っていると、嬢は店の人を呼びました。店の人がやってくると、私は髪を掴まれ、殴られたり蹴られたりしました。そして、「本番はルール違反だってわかってるよな。警察に強姦で訴えようか」と言ってきたのです。

私は怖くなって、「お金を払うので、警察だけはやめてください」と言いました。すると、店の人から「じゃあお金を払って収めるか」といって、100万円を要求されました。

このお金を払えば、トラブルはちゃんと解決するでしょうか?

よくある解決パターン

店の人と顔を合わせるのが怖かったので、アトムの弁護士に依頼したところ、店との交渉をすべて引き受けてくれました

弁護士は店と交渉して、示談金を100万円から50万円まで下げてくれました。示談書も作り、「お互いに今後一切接触しない」、また「示談金以外に債権債務関係は存在しない」という条項を入れてくれました。

おかげで、その後店から追加で請求されたり、警察に訴えると脅されることはありませんでした。いまでは安心して過ごせる毎日が戻ってきて、ホッとしています。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談