強姦・強制性交事件に強い弁護士

強姦被害者と示談したい

強姦トラブルの被害者と確実に示談をしたい場合は、どうすれば良いのでしょうか?

強姦示談のメリットとデメリット

デメリットお金がかかる。
→ 示談金、弁護士費用など。
メリットトラブルを早く解決できる。
トラブルを穏便かつ確実に解決できる。
→ 刑事裁判、民事裁判にならない

強姦トラブルの示談交渉は、弁護士を立てて行うのがベストです。弁護士を立てれば、スムーズに話し合いを進めることができます

強姦の被害者から、示談金や慰謝料、損害賠償の金額について、厳しい要求を突き付けられた場合、加害者本人では適切に対処するのが困難です。支払いを拒否すれば、被害感情を逆撫でする可能性があるからです。

この点、第三者である弁護士を立てれば、スムーズに示談を進め、告訴を取り消し、不起訴処分を得られる可能性が高まります。

強姦 示談ガイド/示談の流れ

連絡先入手被害者不明の場合は検察官から入手します。
日程決定被害者に連絡を入れ、面会の日時を決めます。
挨拶面会当日、まずは被害者に挨拶をします。
謝罪加害者が書いた謝罪文を手渡します。
話し合い示談金や示談の条件を話し合います。
示談書作成話し合いの結果を示談書に落とし込みます。
示談金振込示談書に基いて示談金を振り込みます。

よくある強姦の弁護士相談

酔い潰れたサークルの後輩を介抱していたら、酒の勢いで抱いてしまい、あとになって強姦で訴えられて、逮捕されてしまいました。

大学3年生です。ダンスサークルに入っていて、先週はインカレのダンス大会がありました。その打ち上げの飲み会で、後輩の女の子が飲み過ぎて酔い潰れてしまいました。

仲のいい僕が介抱することになり、店の外へ連れていきました。人けのない路地へ連れていき、水を飲ませてやり、背中をさすってやりました。背中に触っているうちに、ムラムラとしてきて、抱きたくなってしまいました。

周囲に人目がないのを確認してから、後輩の胸を揉みました。抵抗しなかったので、立たせて壁に手をつかせ、後ろから挿入しました。ゴムをつけていなかったので、最後は外に出しました。

その後、「ゴメンな」といって後輩を店に連れて戻りました。後輩はずっと無口でした。

後日、後輩から「あの日、無理やり犯されてショックでした。警察に訴えます」というメールが来ました。実際、警察が家にやって来て、強姦の容疑で逮捕されてしまいました。

このままだと学校を退学になってしまいます。一刻も早く示談をして、元の生活に戻りたいです。

よくある解決パターン

両親がアトムに依頼してくれて、弁護士が後輩と早急にコンタクトをとってくれました。

弁護士は、示談交渉の席では、「酔い潰れたときにされたのがショックだった」という後輩をなだめ、示談は後輩にとっても踏ん切りをつける良いきっかけになると説得してくれました。

おかげで示談は無事まとまり、告訴の取り消しも獲得してくれました。その結果、僕は釈放され、最終的な処分も不起訴になりました。

学校には身柄拘束の間に行けなかっただけで済み、普通の大学生活に戻ることができました。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談