強姦・強制性交事件に強い弁護士

さいたま市の弁護士

さいたま市で起きた強姦事件の対応は、アトム法律事務所新宿支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。
また、埼玉弁護士会に問い合わせることで、さいたま市の弁護士について知ることができます。

アトム弁護士事務所新宿支部

所属第二東京弁護士会
住所東京都新宿区西新宿1-13-8
朝日新宿ビル8階
最寄り駅JR線、小田急線、京王線、丸ノ内線の新宿駅(徒歩3分)
都営新宿線、都営大江戸線、京王新線の新宿駅(徒歩2分)
問い合わせ0120−631−276

埼玉弁護士会

住所埼玉県さいたま市浦和区高砂4−7−20
最寄り駅JR浦和駅西口から徒歩16分
問い合わせ048−863−525

さいたま市の強姦事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。さいたま市の強姦事件でお悩みの方は、フリーダイヤルまでお電話ください。

さいたま市の強姦事件の取り扱い

さいたま市の強姦事件は、通常、さいたま地方検察庁に送致され、さいたま地方裁判所で裁判を受けることになります。

さいたま地方検察庁

住所さいたま市浦和区高砂3−16−58
さいたま法務総合庁舎
最寄り駅JR京浜東北線・高崎線・東北本線(愛称宇都宮線)「浦和駅」(西口)から徒歩10分
JR埼京線「中浦和駅」(東口)から徒歩15分
問い合わせ048−863−2221

さいたま地方裁判所

住所埼玉県さいたま市浦和区高砂3−16−45
最寄り駅JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線浦和駅西口下車で徒歩約15分
JR埼京線中浦和駅下車で徒歩約15分
問い合わせ048−863−4111

さいたま市の強姦事件の裁判例

事件名強姦致傷被告事件
裁判所さいたま地方裁判所
事件番号平成21年(わ)第2107号
主文被告人を懲役6年に処する。
未決勾留日数中180日をその刑に算入する。
強姦の事実被告人は、帰宅のため歩いていたA(当時17歳)を強いて姦淫しようと氏名不詳者と共謀の上、平成11年12月5日午後9時20分ころ、埼玉県狭山市ab丁目c番所在の駐車場先路上において、被告人又はその氏名不詳者がAの背後からその首に腕を巻きつけて後ろに引っ張るなどし、さらに、その駐車場において、被告人が、Aの頭髪を右手でつかむなどして、その駐車場隣の空き地にAを引っ張り込んだ上、Aをその場に放りつけ、同所において、Aに対し「ナイフを持っているから」と言った上、Aの首を両手で絞め付けるなどの暴行脅迫を加え、その反抗を抑圧して、被告人及びその氏名不詳者が順次強いてAを姦淫し、その際、前記暴行により、Aに全治まで約2週間を要する両下肢擦過傷の傷害を負わせた。
事件名強姦致傷被告事件
裁判所さいたま地方裁判所
事件番号平成21年(わ)第1298号
主文被告人を懲役5年に処する。
未決勾留日数中100日をその刑に算入する。
強姦の事実被告人は、歩行中のA(当時20代前半)を強姦しようと企て、平成21年7月9日午前2時10分ころ、埼玉県川越市ab番地c先路上において、同人に対し、カッタ−ナイフを突き付け、「静かにしろ。言うことを聞かないと殺すからな。やらせろよ。中には出さないから。」などと言い、その顔面を手けんで数回殴打し、両手で同人の頚部を絞め付けるなどの暴行を加え、その反抗を抑圧した上、強姦しようとしたが、同人に激しく抵抗されるとともに、通行人に発見されたため、同人の乳房を直接舐めたにとどまり、その目的を遂げず、その際、前記暴行により、同人に、当初診断全治約10日間の見込みの右手関節部切創、頚部・顔面挫傷の傷害を負わせた。
事件名強姦被告事件
裁判所さいたま地方裁判所
事件番号平成14年(わ)第1810号
主文被告人を懲役3年に処する。
この裁判が確定した日から4年間その刑の執行を猶予する。
強姦の事実被告人は、A(当時12歳)が13歳未満であることを知りながら、平成14年7月23日午後2時19分ころ、埼玉県a市内のホテルで姦淫した。
強姦の事実被告人は、同月28日午後零時3分ころ、同県b市内のホテルで姦淫した。

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談