夫婦間における強姦について「婚姻が破綻して夫婦たる実質を失い、名ばかりの夫婦にすぎない場合にはもとより夫婦間に所論の関係(いわゆる通常の夫婦関係での性交)はなく、
夫が暴行又は脅迫をもって妻を姦淫したときは強姦罪が成立する
」(鳥取地決昭61.12.17)。