下関から強制性交等罪容疑の起訴のスマホ無料相談できる事務所を知りたい方へ

  • このまま留置施設にいる下の弟は実名報道は避けられないのでしょうか?
  • 警察からは父は「問題ないと言われた」と主張していると言われました!
  • 下関市で義父が強制性交等罪容疑の容疑で供述を求められている!

下関で近親者が容疑をかけられ警官に捕まってしまった!
その時、どう対応するのが一番良いのでしょうか?

対応を間違えて進退窮まる前に、早めに強制性交等罪事件と刑事事件に強いアトム法律事務所の弁護士に連絡しましょう。

有罪で前科がついたら、ましてや刑務所行きになってしまったら、本人も家族も非常に苦労しますね・・・。

  1. 釈放を求めたい
  2. 被害届や告訴を取り下げて欲しい
  3. 前科を回避したい

アトム法律事務所は、このような依頼者のニーズに寄り添った必要十分な弁護活動を行います。

スマホやPCで楽々無料相談

24時間つながる電話予約受付やどこからでも利用できる刑事事件LINE相談サービスで、火急の心配ごとにもスピーディーに応じられます。

強制性交等罪容疑事件に関する相談は早さが重要です。

一刻も早い勾留阻止不起訴に向けた活動が、その後の生活を大きく左右します。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる