丹波から強制性交等罪容疑の逮捕後の流れについてLINE無料相談できる事務所を探している方へ

  • 留置場の上の兄は前科がついてしまうのですか。
  • 丹波市で父が強制性交等罪容疑に関わった容疑で身柄拘束中である。
  • 近場の警察署からは息子は「痴情のもつれによるもの」と主張していると教えられました!

丹波で身内が事件を疑われ警察に身柄を拘束された!
そんな場合はどう対処するのが良いのでしょうか?

間違った対処をしてなす術が無くなる前に、早めに強制性交等罪事件と刑事事件に強いアトム法律事務所の弁護士に連絡しましょう。

有罪で前科がついたら、ましてや刑務所行きになってしまったら、その後の社会復帰や残された家族はとても苦労しますね・・・。

  1. すぐに釈放してほしい
  2. 前科がつかないようにしたい
  3. 被害者に示談してほしい

アトム法律事務所は、このようなお客様の心情に寄り添い最適な弁護活動を行います。

PCやスマホで手軽に無料相談

24時間対応のフリーダイヤル予約案内や移動中も利用できるLINE法律相談で、一刻をあらそうお悩みにもスピーディーに対応します。

強制性交等罪容疑事件への対応は時間が命です。

一刻も早い不起訴釈放に向けた活動が、その後の人生に影響します。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる