門真から強制性交等罪容疑の逮捕後の流れについてスマホ無料相談できる弁護士事務所をお探しの方へ

  • 近場の警察からは下の弟は「男女トラブルによるもの」と主張していると知らされました!!
  • このまま留置されている父は法の裁きを受けるのでしょうか!?
  • 門真市で弟が強制性交等罪容疑に関わった容疑で取り調べ中である。

門真で肉親が事件を疑われ警察官に連行された・・・
その時、どう対処するのが最適なのでしょうか?

対処を間違えて途方に暮れる前に、すぐに強制性交等罪事件と刑事事件をメインで取り扱ってきたアトム法律事務所の弁護士に連絡です。

有罪で前科がついたら、ましてや懲役になってしまったら、残された家族やその後の社会復帰には大きな困難が伴いますね・・・。

  1. 逮捕は防ぎたい
  2. 被害者と示談を結びたい
  3. 実刑を回避したい

アトム法律事務所は、このような依頼者のニーズに寄り添い最適な弁護活動を提供します。

PCやスマホで楽々無料相談

24時間つながる電話予約窓口や好きな場所から利用可能なLINE相談で、緊急の心配にもスピーディーに対応できます。

強制性交等罪容疑事件への対策はスピードが命です。

スピーディーな勾留阻止不起訴に向けた活動が、その後の社会生活を大きく左右します。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる